ツインマーカーでそこらじゅうに落書きする30歳児

ドライアイは眼精疲労の原因

読了までの目安時間:約 2分

 

昨今、ドライアイは眼精疲労の原因の一つとして関心を向けられています。

コンタクトの長時間の使用による長引く酸素不足、ふさわしくないケア、涙が少ないなどの状態が続くと、眼精疲労の原因に眼精疲労にと悪化してしまうのです。仕事をすれば、そのときの目の疲労感が眼精疲労の状態を悪化させます。疲労が重なるわけですから、そう簡単には治らないことはわかるはずです。疲れ目の症状で留まれば、1~2日十分に眠ると治って明日には疲れが残りません。

同じ姿勢をそのままで長時間とると首周りや肩周りの筋肉もフリーズして、筋肉疲労を起こします。加えて、血行が悪くなると、生じた活性酸素が貯蓄されるようになります。活性酸素がたまると頭が痛くなる、肩が凝るなどの症状が現れるほか、目にいろいろなストレスがかかります。コンタクトには、装着時間を厳守することと適切なケアが重要です。
装着時間の理想としては9時間で、装着していた時間分は休ませることが必要です。

決められたようにしっかりとケアしていくことが安泰なコンタクト使用の重要なカギとなります。眼精疲労の状態には、たとえば目がしぱしぱしたり、日が暮れると目がかすみ、近くや遠方に視点が合わなかったりします。

そのほか目の充血、目の奥の痛み、まぶたがあきにくくなるといった状況になります。目のほかにも深刻な症状に進行してしまうこともあります。

 

未分類   コメント:0